概要

講座名 ゴム・プラスチックの安全、安心
  −身の回りから先端材料まで−
主催 一般財団法人 化学物質評価研究機構
東京工業大学 物質理工学院 応化系・材料系
日程 ① 10/3(水)、 10/10(水)、 10/17(水)、 10/24(水)、
  10/31(水)、 11/7(水)、 11/14(水)、11/21(水)
②12/5(水)、 12/12(水)、 12/19(水)、 12/26(水)、
  1/9(水)、 1/16(水)、 1/23(水)、1/30(水)
各日  10:45 − 12:15
各回  1.5時間の講義を16 回
会場 ①大岡山キャンパス H135講義室 (本館 3F 75号室)
②大岡山キャンパス W611講義室 (西講義棟2 1F 213号室)
参加費 無料
募集人員 先着20名まで (一般公開)

開講の目的

近年モノやシステムの安全・安心が社会の重要なテーマであり、様々な製品とそのもととなる材料においても安全・安心が求められる時代です。そこで本講座では、広く社会に浸透し私たちの身の回りにある化学品を含むプラスチックやゴムとその関連製品の安全・安心を取上げ、それらに関する情報とやさしい科学を紹介し、正しい知識を広く一般の方に持ってもらうとともに、学生を含む専門家に対しては、最先端の安全性評価技術、劣化と寿命予測技術、耐性向上技術、さらには高性能・高強度化技術・材料に関する科学を紹介し、将来の安心・安全な材料の設計の基礎を学べるようにします。