いろいろ色温度

ビデオやデジタルカメラにはホワイトバランスを設定する機能がついたものがある。また、ホワイトバランス設定ほどポピュラーではないかもしれないが、通常の銀塩写真には色温度という概念がある。これらは、ある照明条件下でより正しい色調を再現するために必要なもので、これらの設定が悪いと、出来上がった写真の色は悲惨なものになる。まずは、ホワイトバランス設定を変えて撮影した写真を見比べて頂きたい。

プリセット設定

自動設定

昼光設定

曇天設定

ストロボ設定

白熱球設定

蛍光灯設定

ご覧頂ければ、色温度の設定により、色調が大きく異なっていることが分かると思う。この写真は蛍光灯と窓からの間接光をミックスした状態で取っており、光源に問題はあるのだけれども、傾向を見るのには十分だろうと思う。

プリセット設定は、標準の白色板を用いて、ある条件下の照明に対してホワイトバランスを設定する機能である。少なくとも、カメラに記憶されていたプリセットの値は、今回の照明条件に対して大きくずれていたことが分かる。

オート設定は、文字通りカメラにホワイトバランス設定をおまかせする物で、それほど悪くはない結果になっているように思う。とはいえ、それは撮影対象がいろいろな色を含んでいるものであったためで、もし、比較的単色のものに対してオート設定をすると、とんでもないことが生じる可能性がある。(そういえば、顕微鏡で全体が赤いサンプルをネガフィルムで撮影してサービス判で引き延ばして貰ったら、全体が黄緑の写真になって上がってきた事がある。写真屋さんに文句をいったら、「ネガの色再現はどうしても悪くなる」と答えられたので、、該当部分が緑色に見えるネガを見せたら、さすがに黙ってしまったことがある。自動引伸機のカラー調整がどうして、こんなことをやってしまったのかは未だに謎である。) つまり、液晶の偏光顕微鏡写真でオート設定などにしてはいけないということだ。

昼光色は、撮影条件にあっているせいもあり悪くはない結果だろう。

曇天設定は昼光色より光源の色温度を高くするので、多少、暖色系に写っている。

ストロボ設定も光源の色温度が高いので昼光色よりも多少暖色になる。曇天とかなり近い色を与えている。

白熱電球設定では光源の色温度がかなり低くなるので、世の中が青くなってしまう。逆に言うと、白熱球で照らされた物を昼光設定で撮影すると、世の中が青くなりすぎる。顕微鏡の光源はハロゲンランプを指定電圧で使っているのなら、基本的には白熱電球設定でよい(多少、通常の白熱球より色温度が高いかもしれない)はずである。

蛍光灯設定は、蛍光灯の光も来ていたはずなのに、妙に紫がかっている。蛍光灯は、実際には複数の種類があり、それによりスペクトルが異なるので、蛍光灯下だからといって、安直に蛍光灯指定すればよいというものではないかもしれない。

さて、全体を眺めても傾向がわかるけれども、個々の色がどのように違っているかの比較はしにくいので、それぞれの色の部分を切り出して横に並べてみた。

 

数字は上のカラーチャートのm行n列目であることを示す。数字の後の色はカラーチャートに記載しているもの。数字はCIE(1931)の色座標の数値(x、y、Y)

カメラの色温度設定は左からプリセット・オート・昼光・曇天・ストロボ・白熱球・蛍光灯

11 (dark skin 0.4, 0.35, 10.1)

12 (light skin 0.377, 0.345, 35.8)

13 (blue sky 0.247, 0.251, 19.3)

14 (foliage 0.337, 0.422, 13.3)

15 (blue flower 0.265, 0.240, 24.3)

16 (bluish green 0.261, 0.343, 43.1)

21 (orange 0.506, 0.407, 30.1)

22 (purplish blue 0.211, 0.175, 12.0)

23 (moderate red 0.453, 0.306, 19.8)

24 (purple 0.285, 0.202, 6.6)

25 (yellow green 0.380, 0.489, 44.3)

26 (orange yellow 0.473, 0.438, 43.1)

31 (blue 0.187, 0.129, 6.1)

32 (green 0.305, 0.478, 23.4)

33 (red 0.539, 0.313, 12.0)

34 (yellow 0.448, 0.470, 59.1)

35 (magenta 0.364, 0.233, 19.8)

36 (cyan 0.196, 0.252, 19.8)

43(newtral 6.5 0.310, 0.316, 36.2)

こうしてみると、白熱球とプリセットの設定がずれが大きく全体に色調が異なっているけれども、それ以外の物も微妙にずれが見られ、その影響は色によってことなっているように思える。

※このあと、色再現の話題を展開したいのだけれども、力が尽きている… (2003年5月)

TOP私家版実験講座 -いろいろ色温度