ペプチドは合成できる

ペプチドは小さいタンパク質。自由にアミノ酸配列を設計して化学合成できる。

自己組織化

設計されたペプチドは自発的に固体表面で規則正しい構造を形成する。

電子的な相互作用

組織化したペプチドはナノ材料の電子構造を変調する。

生物とエレクトロニクスを繋ぐ新たなナノエレクトロニクス

生物とエレクトロニクスを橋渡しする新たな界面

研究内容

私たちの体は生体分子の自己集合によって形成されています。誰かが、一つ一つの分子に、何かするように指示を出しているわけではなく、各々が自発的に構造を形成したり、機能を発現して、私たちの生命活動を維持しているのです。中でもタンパク質は、構造を形成するだけでなく、酵素のように触媒として化学反応に寄与し、特殊な電子相互作用を行います。このような生体内におけるタンパク質のダイナミックな挙動は、きっと人工的なデバイスへと応用できるはずです。

アミノ酸配列の長さが比較的小さいペプチドは、小さいタンパク質ということができるでしょう。自分たちで自由に設計したタンパク質を使って、生物とエレクトロニクスを繋ぐ新たな界面を創生することを目指します。これらの研究の成果は将来の新たなバイオセンサ開発の基礎となると考えられます。