ホーム > 拠点リーダー挨拶

 

拠点リーダー挨拶

竹添 秀男

本COEプロジェクトの目指すもの

世の中には、膨大な数の物質が既にあり、現在も新たな物質が創られています。このような物質が、人間社会に直接役に立つようになったとき「物質」は「材料」になります。英語ではどちらも「material」ですから、日本では昔から「物質」を「材料」として使うことを考えてきたのかもしれません。技術の大きな進展はしばしば「材料」の革新(イノベーション)から成し遂げられます。資源、環境、エネルギーという現代の技術課題に挑戦するために、我々は「ナノ構造」を共通の基盤として材料のイノベーションを目指します。

大学で材料を学ぶ学生が、将来、社会に貢献するためには、革新的な材料を生み出す基礎となる研究能力と、自分の研究をビジネスとして昇華するための基礎知識を身につけることが重要です。もちろん、英語も含めたコミュニケーションスキルも必要です。21世紀COEで育ててきたこれらの教育プログラムをさらに発展させ、人材育成をすることがこのプロジェクトのひとつの狙いです。
われわれは教育ばかりではなく、研究面でも、最近、急成長しているアジアの教育、研究拠点との積極的な協力を考えています。これによって、東工大を世界の材料研究のトップに押し上げ、アジアに欧米を越える教育、研究の拠点を形成することがこのプロジェクトの狙いです。

21COEの成果の概要とG-COEの活動計画

東工大は加藤与五郎博士と武井武博士が発明したフェライトや、白川英樹博士のノーベル賞のきっかけとなった導電性ポリマーに代表されるように、材料革新を通じて産業分野に大きく貢献してきました。21世紀COEでは斬新な教育プログラムだけではなく、研究面でも多くの成果をあげ、一流誌に数多くの論文を公表してきました。21COE活動実績参照

教育面では21COEで成功したプロジェクトマネージング(PM)および、ナノマテリアルイニシアチブ(NI)コースを更に発展させ、G-COE博士一貫教育コースを新設し、材料科学における横断的な基礎教育カリキュラムを確立し、国際的な視野とコミュニケーション能力、科学技術や経済両面のファクターを的確に把握する視点を有する人材を養成します。

研究面では材料分野横断的に、(1)ナノプロービング・ナノ構造制御研究グループ、(2)フォトエレクトロニクス機能開発研究グループ、(3)エコマテリアル材料研究グループの3つのグループを形成し、オリジナルなアイディアを材料のイノベーションに結びつけるべく研究を継続してゆきます。拠点形成概要参照

拠点リーダー 竹添 秀男 (有機・高分子物質専攻)