ホーム > 研究成果ハイライト・トピックス > 新奇高分子ミセルの作製成功:「高分子の「かたち」を変えるだけでミセルの熱安定性を向上」

 

新奇高分子ミセルの作製成功:「高分子の「かたち」を変えるだけでミセルの熱安定性を向上」

本学大学院理工学研究科の本多 智(PMコース博士1年生)‚山本拓矢助教‚手塚育志教授の研究グループは,耐熱性を40℃以上も向上させ‚70℃以上の高温でも安定なミセル(*1)の作製に成功しました。高温地帯に生息する好熱菌の細胞膜が環状の脂質分子を含むことに着目し‚新たに設計・合成した環状の高分子界面活性剤を利用して形成しました。この新奇高分子ミセルは抗がん剤などの薬剤をミセル内に封入することで‚ドラッグデリバリーシステム(*2)の温度応答型担体としての応用が期待されます。

この成果は米国化学会誌「Journal of the American Chemical Society」 Volume 132‚ Issue 30‚ pp. 10251-10253 (2010)に掲載され,英国の科学誌「Nature」2010年7月29日号に「Research Highlight」として紹介されています。

 

詳細はこちらをご覧ください。

*本学ホームページ(最近の研究成果:高分子の「かたち」を変えるだけでミセルの熱安定性を向上 -ドラッグデリバリーシステムへの応用に期待-)

 

(*1)ミセル:親水部(水になじみやすい部分)と疎水部(油になじみやすい部分)を合わせ持つ分子が、親水部を外側に疎水部を内側にして会合したもの。石鹸分子などがミセルを形成する。

(*2)ドラッグデリバリーシステム(DDS):薬剤を体内の患部のみで作用するように制御するシステム。DDSにより薬剤の使用量を最小限に留め,副作用を抑制することが可能である。担体としてミセルやリポソームなどを用いる。