ホーム > 研究成果ハイライト・トピックス > 山田特任助教、平成22年さきがけ(第1期)に採択される

 

山田特任助教、平成22年さきがけ(第1期)に採択される

山田智明グローバルCOE特任助教が平成22年度戦略的創造研究推進事業(さきがけ)(第1期)に採択されました。

 

・領    域  : ナノシステムと機能創発

・研究課題名 : スマートセンシングのためのナノオブリック圧電体の創製

・研究課題概要:
  本研究では、安全安心社会の構築に欠かせないスマートセンサーシステムを支える発電素子材料として、ナノオブリック(傾斜)構造化した新規圧電材料を創製します。結晶核のファセット構造を起点とする自己組織化したボトムアップ成長技術を用いて、圧電体が自立傾斜成長したナノ構造を実現し、従来より飛躍的に大きな機械-電気変換性能の実現を目指します。