東京工業大学・小西研究室

本文へジャンプ

東京工業大学
理工学研究科
有機・高分子
物質専攻


小西研


芳香族系
高分子が拓く
新しい光科学


Pour l'Honneur de l'esprit Humain   

   
カナブンに学んだ有機レーザー(JST広報)
新規な色素の分子設計により、従来の約20分の1の低閾値で液晶レーザーの発振に成功!実用化へ一歩前進!近未来の有機面発光レーザーとレーザーディスプレイに向けて
M. Uchimura, et al. Advanced Materials, 22, 4473 (2010).


思いついたらまず実験!

星野敏雄、向山光昭

本年は、蔵前(東工大)の心で行きます!
向山先生のドキュメンタリーヴィデオ「素直さと明るさと情熱を」


小西准教授の居室の改装が終わり,261号室(旧・石津先生の教授室)に移動しました。電話番号は変わりません。重田助教と学生さんの居室は,264号室のままです。電話番号は2130に変更しました。


JST
さきがけに採択されました。
プレスリリース紹介
科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業「さきがけ」
「新物質科学と元素戦略」領域 統括:細野秀雄・東工大教授
「新しい電子移動パラダイムに基づく有機触媒の創製」
採択に際しての
メッセージ!

NEDO産業技術研究助成事業(若手研究グラント)を代表者として推進しています。有機、無機、高分子の枠を取り払って面白い透明樹脂をつくります。京大化研、九大先導研、大阪府大工の若い基礎化学の研究者と共同で材料をつくる共同プロジェクトです。

京都のカトーテックと共同開発したポリプロピレンを繊維径300 nm前後に紡糸可能なナノファイバー作製装置の特許が成立しました。大量生産にも対応できる技術です。受注を開始しています。
JST権利化試験の成果です。
化学工業日報に掲載されました。2010年12月28日付。

Landfall4月号に当研究室が掲載されました。

JST s-イノベ(渡辺プロ)の特任助教として、重田雅之先生が着任されました。
化学専攻・鈴木(啓介)・大森研の出身です。


「最新フォトニクスポリマー材料と応用技術」シーエムシー出版(監修:小池康博、平坂雅男)が出版されました。有機レーザーの開発について解説を書いております。

仁子君のピレンカルボアミドの発光現象に関する論文が、Tetrahedron Lettersに受理されました。

安君のフェノール樹脂とチタニアのハイブリッドに関する論文が、Macromolecular Researchに受理されました。

安君の高屈折率ポリスチレンの論文が、J. Appl. Polym. Sci.に受理されました。

小林君(H19院修)のfirst author4本目、分岐型パリレンの研究が、J. Appl. Polym. Sci.に受理されました。

浅井君のケイ素とチオフェンの特性を生かした発光材料と高屈折率材料の研究
J. Organomet. Chem.に掲載されました。

隅君のスピロビフルオレン色素のユニークな発光特性に関する研究Moleculesに掲載されました。

浅井君のケイ素(シリルエチニル基)の特性を生かした発光色素の研究
J. Organomet. Chem.に掲載されました。

液晶レーザーのブレークスルーとなる内村君の成果
が、Advanced Materialsに掲載されました。大学HPでも紹介されています。

イギリス化学会のPolymer Chemistryに掲載された浅井君の緑色蛍光性のキラルポリフルオレンの論文が、Hot Paperに選定されました。また掲載月4月のTen Most Downloaded Articleになりました。

筑波大学・白木賢太郎先生とのタンパク質の凝集制御に関する共同研究が、英国化学会のSoft Matterに掲載されました。

天然フェノール系樹脂リグニンを透明樹脂に変身させた研究Polymer Journalに掲載されました。

HOMOとLUMOそして軌道対称性保存則 福井謙一先生について


当研究室を希望するみなさんへ

・小西研は有機合成化学を基盤として,芳香族系高分子,光機能分子・液晶分子に取り組んでいます。メッセージへは哲学の話ですが、実際の研究は雲をつかむような内容ではありません。
・他大学の学生さんからたくさんお問い合わせをいただいておりますが、4年生で高分子系の研究室に入っていない学生さんへの簡単なメッセージはこちら


On ne voit bien qu'avec le coeur. L'essentiel est invisible pour les yeux.

連絡先・小西:konishi.g.aa@m.titech.ac.jp (@を半角にしてください)本館2階64号室