本文へスキップ

Tokyo Institute of Technology

OTSUKA LABORATORY

博士3年

   

高橋 明 -AKIRA TAKAHASHI-

otsuka


出身地
  神奈川県川崎市

好きなFC
  チェルシーFC

好きな代表
  ドイツ代表

ひとこと
  意志の力は全ての源



略歴

2011年3月 東京理科大学 理学部第一部応用化学科 卒業
2013年3月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 物質電子化学専攻
        修士課程 修了 (修了生総代に選出)
2013年4月 メーカー勤務
2014年10月 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 有機・高分子物質専攻
        博士課程 入学
2017年4月 日本学術振興会特別研究員 (DC2)

論文 -ORIGINAL PAPER-


4. Thermally Adjustable Dynamic Disulfide Linkages Mediated by Highly Air-Stable
  2,2,6,6-Tetramethylpiperidine-1-sulfanyl (TEMPS) Radicals (Selected as Frontispiece)
  A. TAKAHASHI, R. GOSEKI, H. OTSUKA
  Angew. Chem. Int. Ed. 56, 2016-2021 (2017).
  DOI:10.1002/anie.201611049

  イメージ

3. Facile Modification and Fixation of Diary Disulphide-containing Dynamic Covalent
  Polyesters by Iodine-catalysed Insertion-like Addition Reactions of Styrene Derivatives
  to Disulphide Units
  Y. NAKAI, A. TAKAHASHI, R. GOSEKI, H. OTSUKA
  Polym. Chem., 7, 4661-4666 (2016).
  DOI: 10.1039/c6py00963h


2. Degradable Epoxy Resins Prepared from Diepoxide Monomer with Dynamic Covalent Disulfide Linkage
  A. TAKAHASHI, T. OHISHI, R. GOSEKI, H. OTSUKA
  Polymer, 82 319-326 (2016).
  DOI: 10.1016/j.polymer.2015.11.057


1. Double 1,4-Rhodium Migration Cascade in Rhodium-Catalysed Arylative Ring-Opening/Spirocyclisation
  of (3-Arylcyclobutylidene)acetates  T.MATSUDA, Y. SUDA, A.TAKAHASHI
  Chem. commun., 48, 2988-2990 (2012)
  DOI: 10.1039/C2CC18098G


受賞 -Awards-


4. 2017年 第97回日本化学会春季年会 学生講演賞

3. The 11th SPSJ International Polymer Conference (IPC2016) Young Scientist Poster Award

2. International Symposium on Stimuli-Responsive Materials 2016 Polymer Chemistry Poster Prize

1. 2016年 精密ネットワークポリマー研究会 第9回若手シンポジウム ベストポスター賞



バナースペース

大塚研究室 OTSUKA LAB

〒152-8550
東京都目黒区大岡山2-12-1 
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

TEL 03-5734-2131
FAX 03-5734-2131